2006年02月21日

修行するなら悪い環境で

解説:
あるホームの施設長が言っていた言葉「修行するなら、悪い環境で」。その方は別の会社で介護にかかわっており、組織の中で正しいことができず、でも腐らずに仕事に取り組み、たくさんのものを得て、今は独立してすばらしいホームを運営されている。うまくいかないことを何かのせいにして逃げてしまうのは簡単である。でも、そこから何かを学び取ろうとすることは、どんな最悪な環境でもできるはずである。そう思えばどんなに大変なことも、もっと楽しくなるだろう。
posted by KKC at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。