2006年01月26日

自分自身を疑うこと

解説:
人は自然と人を判断している。“あの人はこういう人だ”と。しかし、それは自分の偏見が混じってしまっている可能性がある。それを意識して、少し勇気がいることかもしれないが、こちらから腹を割って話しかける必要があるのではないだろうか?それによって自分に偏見があったことに気づいて、自己成長につながるのだと思う。よりよい介護にはたくさんの仲間が必要である。自分に偏見があっては、よりよい介護は達成されないだろう。
posted by KKC at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12288676

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。